HOME>妊活助成金

妊活助成金について

妊活をする時に大事なことの一つとしてお金のことは欠かせません。

 

現在助成金は、

A:国が定めて各都道府県が実施している、国の助成金

B:各都道府県、または各市区町村が上乗せして実施している、地方独自の助成金

の二種類あります。

 

A:国の助成金

国の助成金は、25年度以前のものが26-27年度の移行期間を経て、28年度に現行のものになりました。現在は『不妊に悩む方への特定治療支援事業』という名前がついています。

 

助成の内容は特定不妊治療、

・体外受精・顕微授精での採卵・移植

・男性の精子回収に関わる精巣手術

になります。

 

助成を受けられる条件としては、

・法律的に婚姻関係であること

・治療を始めた日の妻の年齢が43歳未満であること

・申請日の前年(1-5月の場合は前々年)の夫婦合算所得が730万未満であること

・指定医療機関で受診していること

があります。

※広島県の指定医療機関:竹中産婦人科クリニック、絹谷産婦人科クリニック、広島HARTクリニック、県立広島病院、香月産婦人科、IVFクリニックひろしま、笠岡レディースクリニック、医療法人社団幸の鳥レディスクリニック、よしだレディースクリニック内科・小児科

 

助成金額は、

・採卵+新鮮胚移植

・採卵+(休憩周期を挟んで)凍結胚移植

は15万。初回に限り30万。

・(以前採卵した卵の)凍結胚移植のみ

・採卵のみ(採卵したが卵が不良で移植できない時)

は7.5万。

・男性の精子回収に関わる精巣手術

は15万。

になります。

 

助成回数は、

治療を始めた日の妻の年齢が、39歳までだと通算6回、40-42歳だと通算3回になります。

※28年度以前に助成を受け始めた方は図1を参考にして下さい。

 

助成申請は、

治療を終えた日の翌日から2ヶ月以内に、お住いの地域の窓口に申請して下さい。

※単身赴任などで別居中の場合は、どちらかの地域の窓口になります。

 

図1:助成回数

B:地方独自の助成金(広島の場合)

広島県には、上記国の助成金に上乗せして、妻の年齢が35歳未満の場合に限り、不妊検査・一般不妊治療に対する助成金があります。

 

助成の内容は不妊検査・一般不妊治療、

・不妊検査

・タイミング療法・人工授精

になります。

 

助成を受けられる条件としては、

・法律的に婚姻関係であること

・夫婦共に不妊検査を始めたこと(どちらかの検査開始日より3ヶ月以内にもう片方も検査すること)

・検査を始めた日の妻の年齢が35歳未満であること

があります。

 

助成金額は、

助成対象費用にかかる自己負担額の1/2(5万まで)

になります。

 

助成回数は、

1回です。

 

助成申請は、

自己負担額が10万を超える、もしくは、検査・治療を終える、もしくは、検査・治療開始日より2年経過、の翌日から換算して2カ月以内になります。

 

***

 

またその他にも、地方独自の助成金制度を実施している市区町村は多くあります。以下にお住まいのご夫婦は是非ご検討下さい。

 

竹原市三原市府中市三次市庄原市安芸高田市江田島市府中町海田町熊野町坂町安芸太田町北広島町大崎上島町世羅町神石高原町

※三次市・安芸高田市・北広島町・神石高原町は国の助成金を減額した残り全額を補助とありますね。有難い限りですね。