第一回定例ハートケア、好評でした!

 

今日は第一回の定例ハートケアの日でした。

参加者は6名。皆さん、様々な思いを抱えておられての参加でした。

 

今回は初めての回でしたので、何かしらハートというものの感触を是非掴んでいって貰いたいと、じっくり説明をいれながら、そして皆さんの声をその都度聞きながら、進めていきました。

 

妊娠に向けて頑張る日々の中で、ずっと考えてしまって寛げないという状態の方も多く、

ハートケアの中でその違いを実感しやすいところもあったかなと思います。

 

***

 

感想を少し紹介しますね…

 

「気持ちが落ち着きました。ありがとうございます。」YSさん

 

「ハートを感じるという感覚が自分に分かるのか?と思っていたけれど、先生のガイドを聞きながら、優しさを感じたり、リラックスできたりしたので、少し感じることができたのではないかと思う。これからもマイナス思考が繰り返される時など活用していきたいです。参加して良かったです。」YTさん

 

「心が落ち着きました。身体も軽くなった感じで今はとてもおだやかな気持ちになっています。」MSさん

 

「少しは気分が落ち着いた。」MIさん

 

「今、気持ちが楽になっています。正直、ハートってなに??って半信半疑でしたが、ハートケアをしていく内に頭の中のゴチャゴチャしたものがなくなって、ハートへ入っていきました。おどろきです!!又、来れる時は是非参加させて頂きます。目を閉じることが大切!!なんですね…。家でも実行しようと思っています。そして夫に自然体で、無理せず接したいと思います。ありがとうございました。」AHさん

 

※皆さん、掲載を快諾していただいてありがとうございます。

 

***

 

そう、なかなか説明しずらいものなので、感想も書きにくいところもあったと思います。

丁寧に言葉にしていただいて、本当に感謝です。今後に活かしたいと思います。

 

第二回第三回のお申込をいただいた方もいて、智子先生共々、とても嬉しく思っています。

是非ハートの醍醐味をもっと感じて、日々に活かして貰えたらと思います。

 

***

 

このハートケア、体験したことのない方は、結局何?とはてなマークばかりかも知れません。

もちろん体験することがやはり一番なのですが、具体的に少し説明を試みます。

 

・目を閉じて目から入ってくる情報を少しシャットアウトする。

・深い呼吸をしながら、呼吸や胸の動きを意識する。

これが基本になります。 

 

普段は頭が過去のこと未来のことを始終考えているのですが、今現在している呼吸に意識を向け胸を感じていると、今の自分の思いに戻ってきやすくなります。

胸というのは、感動して胸が熱くなったり落ち込んで胸がもやもやするような時に感じる位置と思って下さい。

 

実際はこれに智子先生のガイドや音楽が入ってきます。

ガイドが入ると、頭がより休憩しやすくなるので、そのまま呼吸や胸に意識を置くだけで一緒に落ち着けるところまで連れていって貰えます。

もう何十年も胸の感覚を学んでいる智子先生のガイドと一緒だからこそ、深く感じやすいというところもあります。

職人芸を学ぶとき、言葉で伝えにくいところを身体で覚えていくようなのに似ているかなと少し思います。

 

体験してみて、こんな感じというのを覚えて貰って、お家でもできるだけその感じを目指して貰いながら、より胸の感覚に慣れて貰う。そんな感じです。

 

毎月の開催なので、募集人数は少ないですが是非お試し下さい。