HOME>ご利用案内


*メニュー詳細と料金

痛みからはっきりしない違和感まで、様々な症状に対応します。

 

 特徴1

気になる症状・隠れた症状を独自の東洋医術で探り治療します。

 特徴2

原因不明の症状・不定愁訴が多い方・思考疲れの強い方・生理痛など婦人科系疾患・胃腸疲れなど消化器系疾患、など得意としています。

 特徴3

治療後も症状が落ち着くまでしっかり確認&対応します。動きや姿勢で出る症状もあるので、玄関を出るまではずっと、こちらはチェックしています。

 特徴4

ご自身でケアできるよう、感覚の育て方・身体との対話の仕方をお伝えしています。

《初回》初診料1500円+治療費5000円 /90分

《2回目以降》治療費4000円から5000円 /50−80分(身体の状態による)

 ※治療間隔2週間以内4000円・1ヶ月以内4500円・1ヶ月以上5000円。


妊活中の方のための、心のケアや情報提供などがセットになったメニューです。

生理周期や西洋医学での生殖医療スケジュールに合わせたきめ細かな治療が可能です。ご夫婦での通院も可能です。様々ご相談下さい。

 

 特徴1【からだ】

不定愁訴対策と養生指南は大事な基礎強化として。

 特徴2【からだ】

生理周期と西洋医学治療スケジュールを加味した治療と養生+薬の副作用対策など人に合わせて行います。

 特徴3【こころ】

一つ一つの大切な選択を後悔なくできるように、情報提供とご自身の気持ちに向き合うサポートをします。

 特徴4【こころ】

感情を溜めないよう、思考でぐるぐるしないよう、こころの健康のためにフォローします。受け皿になります。ひとりにはしません。

 

《妊活初回》初診料3000円+治療費5000円 /120分

 ※妊活初診時には、通常の問診に加え、東洋体質診断&基本養生指導・状況に合わせた情報提供・カウンセリングなど行ないます。

《妊活2回目以降》治療費4000円から5000円 /50−80分(身体の状態による)

 ※治療間隔2週間以内4000円・1ヶ月以内4500円・1ヶ月以上5000円。


・割引  紹介割引:初診料500円引

     プリペイドカード:18000円/20000円分(2000円お得!)・35000円/40000円分(5000円お得!)

 

 

 

*治療の流れ

① ご来院いただいたら、まずは問診票にご記入いただきます。

- 妊活用の初診の場合は、今までの高度生殖医療での治療の流れも大まかにお知らせいただいています。体質診断用紙にもご記入いただきながら、ご自身でご自分の舌の状態も診ていただいたりします。東洋医学では舌にも健康状態が現れるとされ、お身体の状態を知り養生を知ることができます。診方もしっかりお伝えします。 

 

② 問診票をみながら問診をしていきます。

- 気になる症状が、いつから何をきっかけに始まって今どういう状態なのか、今日の症状の程度はいつもと比べてどうなのか、一つ一つお聞きします。

- 妊活用の問診の場合は、現状をしっかり確認した上で、必要な知識や選択肢、選択する上で大事なこと、などお伝えしていきます。今の心の状況によっては、思考や感情との上手な付き合い方などもお伝えします。

 


★★ベッドへ移動★★

 

 ③ 身体を診て治療します。  

- 身体にしっかり気が流れているか特殊な感覚でチェックします。流れていれば自然治癒がしっかり働いています。流れていない場合、治癒が働きにくい状態なので、その流れが悪くなっている部分にアプローチしていきます。痛みなど症状が出ている場合はほぼ流れの悪いところがあります。

- 流れの悪い部分を治療するための最適なポイント、ツボを見つけ、適刺激を与えていきます。この時の刺激は鍼やお灸だけではなく、金属(銅やアルミ)の棒やダイオードなどを使い、体内の電子の流れを促すこともあります。身体が繊細で刺激でどんどん変化する方など、変化に合わせた臨機応変な繊細な刺激が最適なため、鍼やお灸を使用しないこともあります。

- 刺激時には鍼やお灸の刺激でなくても身体の動きを感じる方は多いです。体内に風が流れる感じ、温かくなる、むずむずする、などいろいろご感想をいただきますが、いつの間にか深い眠りに落ちている方も多いです。治療しているこちらも、今身体がどういう状態か具体的に感じていますが、それを後でお伝えする中で、ご本人がご自身の身体の新たな側面に気付くこともあります。例えば、出産時にできた骨盤の歪みから症状が起こっていたり、昔の事故での身体の歪みからおかしくなっていたり、と予想外の身体の状態に気付くこともあります。

- 全体の気の流れがしっかり流れるようになると、症状もはぼ落ち着きます。

 

※治療について詳しく知りたい方はこちら → 治療法について

※鍼やお灸を使わないこともある理由 → よくある質問

 

④ 患者さんご本人に症状の変化をしっかり感じて、確認してもらいます。

− 座ったり立ったりする中で、身体に重力など負荷がかかり症状が出る場合があるので、最後にしっかり身体を動かしながら感じて貰い、残る症状があればその症状に合わせて、最終的な調整をして症状を改善していきます。

– ご本人がご自身の身体に意識を向ける中で、より細部まで身体が反応し、より深くまで症状にアプローチできるようになる場合があります。しっかり感じることを意識して貰えたらと思います。

 

⑤ 必要な養生があればお伝えします。  

- 終わった後は症状はほぼ無くなり、身体も軽くなる方がほとんどです。

- まれに次のような状態の方がおられます。その時にはしっかり対応策をお伝えしています。

・症状が多かったり、身体に修復の力が十分ないと、とても身体が重だるい、眠い状態になります。 →しっかり休むとしっかり回復します。早めに休んで下さい。

・慢性的な症状だったり、日常的に身体への負荷が継続してかかることで、症状が若干戻りやすい場合があります。 →再度症状が出た場合のご自身でできるケアをお伝えします。

・症状がとても多く、悪い中でも頑張ってバランスをとっている身体の場合、再度バランスを取りなおしていく過程があるため、変化に少し時間がかかる場合があります。 →2-3度通えば大体落ち着くことが多いです。

 

⑥ 治療の目的も合わせて治療頻度の相談をし、必要であれば次回予約を受けます。  

- 治療間隔により治療費を設定しています。上記のように、再度身体のバランスを取りなおすのに時間がかかる場合、妊活など大事な時期でいつも最適な身体にしておきたい場合など、通う場合も通いやすく工夫しています。

- 自己メンテナンスでご利用の場合は、一か月に一度、身体の疲れているタイミングで来られることをオススメしています。日々、より疲れにくい身体になっていくと思います。

- もちろん、調子が悪い時だけのご利用でも構いません。