新・定例ハートケア 『人と比較してしまう方へ』

新しい形での定例ハートケアがスタートしました!

 

今までと違うのは、

・具体的なテーマに沿って、より実践できる形になったこと

・いつでも初めての方がスタートでき、毎回丁寧に段階的に行うこと

・テーマに合わせた香りと効用のハーブティーが付くこと

でしょうか。。。

 

今回のメンバーは、初めての方、久しぶりの方、毎回来て下さる方、など様々。

とはいえ、経験者かどうかは関係なく、テーマに対して皆が共に穏やかに深まる、

そんな時間になったように思います。

智子先生はもちろん、参加者の皆さまのお陰です(^^)

 

*****

●今回のテーマは 比較する ということ。

 

この比較に対して、胸の辺りのハートの感覚、第4チャクラのエネルギーを感じながら、

どう対処していけばいいか、共に探っていきました。

 

比較と言うと、

「○○はできるのに私はできない」「○○は持っているのに私は持っていない」などなど、

『人にあって自分にない』というところで悩む方が多いです。

 

ただ、比較してしまう背景は人それぞれです。

 

***

 

今回は、ハートを感じることをまず体験、実感した後に、

二つの形でそれぞれの方の比較と向き合っていただきました。

もちろん、受容や慈愛などの質を持つハートを使って。

 

↓↓↓

 

まずは、比較が起こった時に身体・頭の中で何が起こっているかを気付きました。

「痛い」「悲しい」「胸がきゅっとする」などなど挙がりました。

 

その後、ハートでその感覚が存在することをそのまま受け入れていきました。

「軽くなった」「散った感じ」など感覚の変化が起き、より穏やかな状態になりました。

 

比較が起こった時は、まずは自分の身体の中の感覚を見つめ、そのありのままを受け入れる。

ハートによって感覚の変容が起きます。穏やかに安全に。

 

↓↓↓

 

次に、比較をしてしまう背景をみました。比較の原因になっている、

自分にないものがもしあったら、自分は何を得るか、をハートを使いながら深く見つめます。

「安心感」「愛」「強さ」などなど挙がりました。

 

その得ようとしていたものを今度はハートで感じてみます。そして、全身に行きわたらせます。

「満たされた気持ち」「穏やかな気持ち」になれました。

 

⇒比較の背景に何があるのか、ハートの直感を使うと、その得ようとしていたものの後ろにある、欲しかった感覚=質に気付けます。そして、それは実は内側で、いつでも、ハートを使って、感じることができます。より落ち着けて、比較することが少なくなります。

欲しかった『もの』でなく、その後ろの欲しかった『感覚=質』に気付き意識を向ける。

 

 

*****

 

体験してみないと分からないことが多いと思います。

参加者の皆さんからいただいた感想です。

 

「これまで感情は勝手に湧いてくることはあっても、今自分のハートがこう感じていると深く感じたことはなかった。今回自分のハートを感じ、それを受け入れることでスーと力が抜け優しい気持ちを感じることができた。また参加したいと思いました。」(Nさん)

 

「具体的なテーマがあったので、更にフォーカスしやすかったです。今回も心地よくなりすぎて眠いです。いつもありがとうございます。」(Sさん)

 

「最後に自分では深まるばかりのモヤモヤが晴れていったようだったので、訪れてみてよかった。」(Sさん)

 

「緊張が少しほどけた感じでほっとしました。」(Mさん)

 

皆さんありがとうございます。

日々の日常でもトライしながら、また役立てていただけたらと思います。

 

 

《《 今回の内容 》》

 

人と比較してしまい、思考や感情が動くことは往々にしてあります。

ただ、どうして人と比較してしまうのか、その理由・その状況はお一人お一人によって違います。

第4チャクラのエネルギー、胸の感覚を感じながら、自分の中にあるものを見つめていきます。

そして、お一人お一人の比較に対する対処法を共に考えていきましょう。

 

今回のハーブティーのメインは、浄化と強さを象徴する聖なるハーブ『ヒソップ』です。

  自らの輝きを曇らせる不必要なエネルギーの浄化と、自らを縛る不安や心配、苦しみのリセット。

  真っ直ぐに心の安らぎへと導こうとするヒソップの強さを感じながら、自らの中の強さを思い出しましょう。

  自分を隅々まで愛し受け入れ、その愛と平穏を個人の枠を越えて広げていきましょう。

※その他、バランスを調整する側面を持つ『フェンネル』、優しさや逆境への強さを表す『カモミール』なども含んでいるものを選びました。

※この『ヒソップ』は妊娠中の方は控えた方がいいので、妊娠中の方・可能性のある方は代わりのものを準備します。ご申告下さい。