「楽しみにしています!」

治療効果が実感できると治療が楽しみになります。

 

最近、たくさんの慢性化した症状を持っている方が多く来られているように思います。毎回治療の度に楽になり、一つ一つご自身のお身体の状態が明らかになっていくことが楽しくなってくるようで、楽しみにしています、とよく言われるようになっています。

 

それが私もとても嬉しく、~来るのが楽しみになる治療院~、そんなコンセプトも良いなと思う今日この頃です。

 

そういう私自身もお一人お一人の身体がとても個性的で興味深く診させていただいています。

 

・左の五十肩なのに、治療時の感覚では右の肩関節に流れの悪さがあって、そこをツボを使って治療すると、左の五十肩症状が消える、とか。。

→ご本人曰く「そういえば五十肩になり始めたのは事故で右肩の手術をした後からだった」とのことで、手術後の肩の状態がスムーズにいかずバランスを崩して逆の左肩の不調に繋がっていったのではないか、とみてます。

 

・右の顔面神経麻痺を治そうとする中で、古傷の右肩関節がまずは治療が必要と出る、とか。

→ご本人に聞くと顔面神経麻痺が最初に出たのは昔右肩関節を痛めた後だったとのことで、様々ある症状の中で右肩関節からのアプローチが必要だと分かりました。

 

本当に、症状の成り立ちは人それぞれで、そしてその症状も悪いなりにそれぞれがバランスを取り合っています。それをバランスを崩さないように、治療する順番もしっかり大事にしていくと、治癒が早く症状が戻りにくくなります。

 

身体がたくさん教えてくれるものをご本人にもお伝えしながら、ご本人が身体との距離を縮め、身体を思いやれるようになって、より末永く元気でいてほしいと願ってます。